読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

asumism

あすみん(@an_asumin)のブログやで

Arduino,TLC5940,ドットマトリクス

Arduino UNOを使って遊んでみる.

手元にTLC5940とRGBマルチカラー8×8ドットマトリクスがあったので,今回はTLC5940のデイジーチェーンを試してみよう.

ドットマトリクスは2つあったので,TLC5940は3つ使う.

一度に16個のLEDを制御して,ダイナミック点灯方式で128個(384ch)のLEDが全部光っているように見せる.

 

f:id:an_asumin:20120205061304j:plain

結線するとこんな感じになる.勢いだけでやると汚い.

 

f:id:an_asumin:20120205060849j:plain

"UNO"と表示してみた.結構楽に表示できる.


遊んでみてわかったこと.

まず,Arduinoの電流ではこれだけのLEDをダイナミック点灯方式で十分に光らせるのは難しい.Arduinoでは1ピンあたり20mAまでしか出力できないとのこと.そして,すべてのピンが同時に出力できるものでもないとのこと.別で電源を用意したほうがイイですね.

 

f:id:an_asumin:20120205061059j:plain

1列に電流をまとめるとめっちゃ明るい.いずれのマトリクスも3色フルで出力してるけど,電流が足りないとまず白には見えない.ちなみに左半分が赤っぽいのは赤色LEDだけ作動電圧が低くて個々に流れる電流も少ないから.

 

あともうひとつ.

TLC5940はいくつでもデイジーチェーンできるっぽい.ライブラリのヘッダにも「16個以上繋げるならここを変更してよね!」と書いてあったので,何十個とつなげるのも割と現実的らしい.今回はLEDマトリクスを使ったけど,TLC5940はPWM制御ができる優れものなので,接続数を増やしてたくさんのLEDをスタティックに点灯させたいところ!